カテゴリ:雑談( 1 )

月 と 潮

昔から月の満ち欠け、潮の満ち引きは、なぜか興味があり、
子供の時から、新月、三日月、満月の日は、月を見るのが楽しみで
新聞の天気欄の月をチェックしたりしていました。

生まれ育った街は、海がすぐ近くにあるので、
海に行くと「あ、今、潮が引いてる」とか気になってよく見てた気がします。

大人になり、人間と月、潮(海)は、とっても関係があると思います。

例えば、人間の臓器には、月が必ずつきます。
心臓、肺、胃、腸のように。

満月、満潮の日は、陣痛が起き、出産する方が多いと言われます。
私も満月の日におしるし(出血)がでて、その2日後に出産しました。

新月の日には、何か新しいことを始めるのにもってこいの日。
満月は、満ちた日。生理もこの時期になる方が多いです。

そして、満月は、ちょっと心も不安定になる。
急に不安になったり、悲観的になったり。

新月は、全てがリセットされて、心がスッキリする。

これは、私もいつも感じるので、その通りだと思います。

最近では、月ヨガなど、月と満ち欠けと共にヨガを変化させていくってのも、
聞きますよね。

月や潮を健康になるためのプロセスに取り入れよう!とは思ってましたが、
どうやってやるの?と思ってた去年、雑誌の特集をみて、
私の持論が「あ、これ、よかったんだぁ。」って納得できました。
c0315411_11085103.jpg
CANVAS 2013 7月創刊号より

この特集にも、
満月は、今ある現状に感謝し、実りを祝う日、
満月から新月に向けて、デトックス時期なので、内蔵をキレイにしてくれるものを食べると、
より効果があるそうです。
例:豆乳、大根、レンコン、ヨーグルト、ぶどう、小豆

新月は、願い事を書き出し、心身を整える日。とありました。
新月から満月に向けては、アクティブ時期らしく、身体の吸収がアップする時期だそうです。
女性ホルモンを高める食材を採るといいそうです。
例:玄米、葉もの野菜、マカダミアンナッツ、フルーツ、ごま油



満月だった昨日は、子供と一緒に月を眺め、
(子供も月、星が大好きです笑)
ゆったり、急かさず、なるべく怒らず、過ごしました。

息子が寝てからは、満月を見て、ストレッチ。
遠い所にあるだろう月から、なんだかパワーがもらえる気がしました。

自然と一緒に生きている人間ですから、
原始的かもしれませんが、月と海にちょっと目を傾けてみてください。
したら、何か心持ちが変わるかも☆




[PR]
by remedy637 | 2014-04-16 11:40 | 雑談