カテゴリ:★食育★( 4 )

c0315411_10364375.jpg
昨年9月から新しい資格にトライしていました。

「野菜コーディネーター」

私は、比較的野菜が安く手に入る地域に住んでいて、
また、祖父母が作る無農薬の旬の野菜は豊富にいつも身近にあります。
そんな野菜がうまく活用できているのかな?
もったいない使い方してないかな?
栄養を残らず取り入れるのって興味がある!
とこの資格取得を決心しました。

私が選んだ「野菜コーディネーター」の資格は、
ベジブロスでおなじみのタカコ・ナカムラ先生監修の資格で、
野菜の特長から保存方法、料理レシピまで勉強できました。

途中、つわりでなかなか勉強が進みませんでしたが、
がんばって修了!

これからもどんどん野菜が子どもたち、大人たちの身近な存在になるよう、
広めていけたらなと思います!


[PR]
by remedy637 | 2015-04-23 13:38 | ★食育★

先日、料理教室の先生の勧めで、
私が尊敬する食育の母、坂本廣子先生の講演会を聞きに行ってきました!
c0315411_21564048.jpg

初めて会う、声を聞く坂本先生。
関西弁のとっても面白い魅力的な方でした!

講演会の内容は、タイトルの台所発!防災のススメでもわかるように、
神戸市在住の先生が経験した阪神淡路大震災被災中の現状から、
被災時の食事についてでした。

要点をまとめようと思いますので、箇条書きにしますね
        ・被災するとただでさえ究極の状態になり、ストレス過多になる。
         究極の状態から、少しでも早く日常を取り戻せるようにするのが大事。
        ・ストレス過多な状態の時に、保存食という普段食べなれないものを食べるのではなく、
         日常の食事やそれに近い食事を心がけるようにすると、元気が出てくる。
         日常生活の延長線上で復興を心がける。
        ・災害に合っていない普段から、”ちょい足し”で、備えをしておく。
        被災時のこどもの食について
        ・20歳まで、脳が作られる。子供には、脳を作る食材、脳の成長にかかせないものを
         絶対に取れるようにする。
         カルシウムやその他の身体の成長に必要なものは、いつか補えばいいが、
         脳は、常に作られるので、欠かしてはいけない。
        脳を作る食材
           大豆、豆類、小豆でもいいので、和菓子でもオッケー。
           ようかんが糖も取れるし、豆類も取れるので、かなり役立つ。

        ・被災したら、決してがんばらなくていい。
         そこに生きていることでがんばっているのだから、
         命を守り、立ち上がる力、その後につなげることを
         考えばいい。

という内容でした。
2時間の講演があっという間で、本当に楽しかった。

ますます坂本先生を好きになりました。

常に備えることを考え、いつか起こるかもしれない時に備えようと思いました。




[PR]
by remedy637 | 2014-02-21 22:15 | ★食育★

私の祖父母のうちは、大きな畑がたくさんある農家。
お米や季節ごとの野菜を祖父と祖母で心を込めて、
育てています。
週1ペースで母が野菜を採りに行き、
おすそ分けをもらったり、私も採りに行ったりします。

先日、天気もいいし、久しぶりに息子ちゃん、姪っ子ちゃん、旦那さまと一緒に
祖父母の畑へ

今の時期は、人参、白菜、レタス、大根、春菊、小松菜、水菜、中国菜、里芋、などなどあります。

今回のお目当ては、大根と人参。
抜くのを手伝いながら、息子ちゃんと姪っ子ちゃんに抜いてもらいました。
c0315411_10120865.jpg
こんな大きな人参が採れて、大満足な息子ちゃん。



c0315411_10124185.jpg
祖母と一緒に水菜を採ってます。

都会育ちの旦那さまは、
ブロッコリーってこんな風になるんだ!とか、
葉っぱがついた野菜を初めて見たけど、本当においしそう!と感動してるので、
なんだか私はニヤニヤします。

息子ちゃん、姪っ子ちゃんのこの畑で一番の目的は、”いっぽんばし”で遊ぶ事 笑

これらは夏の写真ですが、段差のある畑に小さな木の橋が渡してあります。
それを”いっぽんばし”と呼び、上手に渡りながら、走り回ってます。
c0315411_10374939.jpg
c0315411_10375982.jpg
私は、小さい頃からこの畑で泥んこになりながら、
さつまいもを掘ったり、田んぼでおたまじゃくしを捕まえたりしていました。
私にとっては、当たり前だった環境ですが、
土や葉のついた野菜を見ることがほぼない今、
季節関係なくスーパーで何でも買える今、
畑が身近にある幸せというか、環境を大事にし、
子供たちに季節の野菜や、自然との触れ合い方を教えたいと思います。

例えば、人参の葉やネギの根っこ、白菜の外側の葉を取り除きまとめて、
次の畑の肥料になるように寝かせておくんだよ、とか、
次の畑を作るように畝が作ってあるんだから、そこは踏まないように、とか、
にんじんの葉っぱの根元(へた部分)が小さいほうがおいしくて、
先まで太いほうがよりおいしいんだよ、とか。

そうすると自然と子供達も興味を持ってくれるから
教えがいがあります☆

これからが楽しみ♪




[PR]
by remedy637 | 2014-01-30 10:48 | ★食育★

先生に誘っていただき、
昨日、こども料理教室で
アシスタントのお手伝いをしてきました!

小学3〜6年生の男女25人が
2時間で4品作る料理教室です。
c0315411_1422521.jpg


昨日は、クリスマスメニュー
ケークサレ
コーンスープ
ピックサラダ
デコリース
でした。
c0315411_1422774.jpg

c0315411_1422977.jpg

みんな分担して一生懸命やる姿、
指示の出し方、
勉強になることばかり!

楽しかった〜
[PR]
by remedy637 | 2013-12-09 13:57 | ★食育★