<   2013年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

皆様、Merry Christmas!!!

師走、冬ともあって、本当にバタバタな毎日でございます。
風邪引き真っ只中の私は、息子ちゃんが冬休みにはいったのに、
申し訳ないですが、布団で休みながら、息子ちゃんと遊んでおります。

もっと早く更新しようと思ってたのですが、なかなかできず、
今日は、クリスマスのテーブルセッティング、コーディネートをご提案します!!

まずは、簡単なカジュアルランチコーディネート
料理なしのセッティングで申し訳ないですが、、、
4人でランチ。
雰囲気作りにリボンを添えて。。。
c0315411_16463498.jpg
ブログのために、仮にコーディネートしたので、
料理を並べた感じの写真はないのですが、
私なら、メニューは、
サラダ
パエリア
オープンオムレツ
温かいスープ
という、友達が来ると必ず1度はやるメニューを並べると思います☆

1人のコーデは、こんな感じ。
このランチョンマットは、アメリカに住む私の友人からのプレゼントで、
うちのダイニングテーブルにとても合って、大のお気に入りです!
c0315411_16465749.jpg

クリスマスのコーディネートってことで、
まずは、ペーパーナフキン
c0315411_16470534.jpg
クリスマス柄のもので気に入ったものを見つけると、買うようにしています。
左は、キャス キッドソンのクリスマス柄
右は、旦那さまのママかお姉ちゃんに頂いたもの。スウェーデンのお土産です。

こういうナフキンがあると同じコーディネートでも柄っと雰囲気を変えることができます。
c0315411_16464646.jpg
そりに乗るサンタさんや雪景色がかわいらしい。

その他、テーブルには、
祖母の家から息子ちゃんがもらってきた(拾ってきた)大ぶりな南天の実。
赤色がポイントになって、クリスマスを演出!!

その隣のサンタさんは、私の友達で羊毛フェルトが得意な子が
一昨年、プレゼントしてくれたものです。
とってもかわいくて、大切にしてます!
c0315411_16465204.jpg
ちなみに、コーデに使ったお皿、ボウルは、100均!!!
c0315411_16471231.jpg
しかも、6年前に買ったもので、まだまだ日常使いに使えます!
初めに揃えた食器は、白が多く、
白って机も、料理も何にでも合うから、とっても使ってます!
100均のお皿も他の小物次第でいろいろ変化し、
コーデの中心になってくれますよ!

あと、最近ニトリで買ったこのランチョンマット。
c0315411_16472026.jpg
1枚99円で、かわいい☆柄にやられました!!!
緑と赤を買いましたが、他にも、ありましたよ!
ニトリも安くて、使えるものがたくさん!
行くだけでわくわくしちゃいますよね〜

他にもコーディネートの更新、どんどんしていきますね〜

[PR]
by remedy637 | 2013-12-24 17:09 | テーブルセッティング

今日のおうちごはん

昨日、
おばあちゃんの畑で採れたての
葉っぱ付き大根をもらったので、
大好きな大根の葉とちりめんじゃこのふりかけを。
c0315411_1016289.jpg


☆材料☆
大根の葉
ちりめんじゃこ
いりごま


以上!

いつもは、包丁で粗みじん切りする大根の葉を、
昨日は、フードプロセッサーで
細かくしてみました。

ごま油を入れたフライパンに
細かくした葉を入れ、炒める。
水分が出て、ある程度パラパラになったら、
ちりめんじゃこ、いりごまを入れる。

最後にお好みで塩を。
ちりめんじゃこに塩気があるので、
少なくて大丈夫です!

出来上がり〜

息子ちゃんには、小さいおにぎりにしてあげました。
してら、食べる!食べる
c0315411_1016384.jpg



茶碗2杯分食べてくれて、
嬉しかった〜

なかなか大根の葉が手に入らないですよね。
JAの産直などに行くとある場合もありますよ!

よかったら、こちらをクリック →おうちごはん

[PR]
by remedy637 | 2013-12-18 10:08 | ☆Cooking☆

次に、夢である、
料理教室を開きたい理由について、
ご説明します。

食育インストラクターを取得し、
こどもたちの食育をしていきたい、
そのこどもたちを育てるママさんたちの食への関心を高めたい、
っていうのが、まず浮かびました。

実は、私が小さい頃からずっと抱き続けていた?抱き続けている?夢は、
「先生になること」

人一倍、先生への憧れが強く、ずっとなるものだと思ってきました。
中学生の時、英語が大好きになり、英語教師になろうと大学へ進みました。
でも、母が昔していた、保育士にも興味があり、いくつか児童教育科も受けたのですが、
英文科にしか受かりませんでした。
英語を極めようと、勉強をしていた大学2年の冬、
アメリカへの留学か、留学を諦めて、教職課程を取るか、
をいう選択をしなければいけなくなりました。

大学2年というと、今から12年前。

かなり悩みましたが、やっぱりこれから先、英語を話せるようになったほうがいい、
アメリカで勉強してみたいという気持ちのが強くなり、
留学試験を受けました。
無事、留学できることになったので、もう何の迷いもなく、
大学3年の夏〜約7ヶ月間だけですが、
アメリカで過ごしました。

大学3年の3月、帰国し、
みんなが就職活動も結構半ばな時に焦りながら、就職活動をし、
私の住む車の町、愛知県で、車部品のメーカーの一般事務職として就職しました。

ということで、長年夢みた先生には、なれませんでした。

でも、諦めの悪い私は 笑
まだ諦めてません。

2年前からやっているアクセサリーデザイナーの仕事で、
アクセサリーを作るワークショップを開き、
講師をしました。
!!!
先生になれました!

そして、料理教室をすれば、また先生になれる!という流れで、
料理教室を開きたいなぁ、となりました。

アクセサリーのワークショップをしていて、
やっぱり教えることが、好きだと思えたので、
この夢にも繋がったんだと思います。

次は、お弁当屋さんを開きたいわけについて、書きますね。





[PR]
by remedy637 | 2013-12-12 22:12 | ブログ説明

遅ればせながら、私という人間を少々ご説明します。

いくつかの記事に分けて、
食(食育、料理)に興味を持ったわけ
料理教室  or  お弁当屋さんを開きたいわけ
こども、子育てに関わっていきたいわけ
英語について
将来のこと
 ・アクセサリーのこと
を書いていけたらなって思います。

今日は、まず、これから自分の中で中心の活動になっていくであろう「食」について。

まず、どうして、「食」に興味を持ったか。
私は、6人家族の家庭で育ちました。

両親、私、妹、今は亡き父方の祖父母の6人。
その家族の職業が、
                 父 → 管理栄養士、元調理師学校の先生
                 母 → 元保育士
                祖父 → 調理師
                祖母 → 調理師

            しかも、叔母 → 栄養士
                叔父 → 調理師

しかも、しかも、祖父母は、私が高校生の頃まで、手打ちうどん屋さんを経営。
私も小学生の頃から、学校から帰って、母がお店を手伝うついでに、
うどんを食べさせてもらったり、うどんを捏ねる際、踏むのを手伝ったり、
年末には、年越しそば、おせち料理を売る手伝いをしたり、と
お店は、かなり身近な存在でした。

週末には、母や父がたっぷりごちそうを作ってくれたり、
祖母から煮物の味を教えてもらったりしました。
お嫁に来た母も当時、料理を教えてもらったようで、
亡くなるちょっと前の祖母にやっと煮物の味の合格をもらったそうです。

叔母のおうちに遊びに行けば、おいしい手作りお菓子やごちそう。
大学生の時、うちにごはんを食べにきた叔父に
私が作った料理をだし、褒められ、うれしかったこと。

今でも、週末は父のおいしいごはんを時々、実家に食べに行くし、
祖父から受け継いだおいしい出汁を父は定期的に作ってくれます。

母の実家は、お米と季節に合わせた豊富な野菜を作る農家。
今でも、週1回、まだまだ元気な祖父母に会いに行きながら、
土のついた、掘りたて、取れたての野菜をもらいに行きます。
叔母の家では、私が小さい頃は、養鶏をしていて、新鮮な卵をよくもらい、
お米も作ってるので、今でも、おいしいお米をくれます。

こんな素晴らしい環境でおいしいものが好きにならないはずはない!!!
私の料理への関心、やる気の根底は、確実に家族からきているものに違いない!!!
と主婦になってから、強く思うようになりました。
ちなみに、私は、残念ながら、栄養士ではありません。
後々、私の昔の職業は話しますが、全く食とは関係ないことをしていました。

でも、正直、結婚するまでほぼ料理も手伝いもしませんでした。
時々、お菓子を作るくらいで、
今思うと、勿体ないことをしたな、、、と後悔してます。

いざ、結婚し、料理を作り始めたら、面白いこと、面白いこと。
性格がとっても大雑把な私は、目分量が大好き。
実家のごはんを食べた時の覚えのある味を再現するべく、
毎回目分量で、味を作り上げるのが楽しくて。

今は、結婚して7年目に入り、
息子ちゃんも4歳になり、幼稚園に行き始めたことで、
空いた時間に思い切って前々から興味のあった
「食育インストラクター」の資格を取ったというわけです。

時代の流れで、日本の食卓に並ぶ食材は、かなり変化しました。
また、食卓を囲む家族の生活スタイルも、かなり変化しました。

日本特有の文化である和食を大事にしたい。
日本には美しい四季に基づいた、素晴らしい食材があるので、それをもっと生かしたい。
生活スタイルは変われども、家族で食卓を囲む大切さを広めたい。
こどもへの食生活の大切さを見直したい。

この資格を取り、ますます「食」への興味がわいてきました。

人に食事を振る舞うことも大好き。
テーマに合わせて、食事、テーブルをコーディネートするのも大好き。
何より、食べてくれた人が美味しいって言ってくれるのを見ることが嬉しいと感じるようになりました。

この資格を取ったのは、私の中で、ほんの始まり。
ゆっくり、じっくり、私らしい「食」への道を探していきたいと思います。
よかったら、こちらをクリックお願いします。
おうちごはん
暮らしを楽しむ
c0315411_11362935.jpg



[PR]
by remedy637 | 2013-12-12 21:35 | ブログ説明

お子様たちへのごはんのメニューを考えるのって
結構、悩みますよね。。。

それも毎日、毎日、延々と続く献立選び。

ワンパターンになったり、
これなら、喜んで食べるからいいや、
作るのが面倒だから、これでいいや、
ってなりがちですよね。。。

わかります。
私も時々、そう思います。。。

私には、食に興味があるのか、ないのかよくわからない
4歳の息子ちゃんがいます。
子供が好きなものが苦手な息子ちゃん。
例えば、オムライス、カレー、シチュー、グラタン、
チーズ、ケーキ、プリン、シュークリーム、全て食べられません。
アレルギーというわけではなく、嫌いなんです。。。好まないんです。。。

だから、私も悩みますよーー。
カレーに入れちゃえば、この食材食べた!とか、
オムライスに刻んでいれたら、食べた!とか、通用しないですから。。。

今日のメニュー何にしよー?とか、
子供に食べてほしいこの食材、どうしたら、食べてくれるの?
など、
同じようにお悩みのみなさんへ、
これから、少しずつ、メニューの提案とか、
うちの息子ちゃんが大好きなものをご紹介できたらなと思います。

では、息子ちゃんに大好評だったある日の夜ごはんをご紹介。
c0315411_20471814.jpg

               ニギスのフライ
 普段から、魚大好き、フライ大好きな息子ちゃんなので、小骨があっても
気にせず、なんと5枚も食べてくれました。
   フライってちょっと面倒でなかなかうちでは、やりたくないですよね。
    私も以前は、揚げ物用の鍋で、油の処理も大変でやだなぁ、って思ってました。
   でも、実家の母が、フライパンで少ない油の量でやってるのをみて
マネするようになりました。
  そうすると、全然面倒ではないし、ちょっとだけ残った油は、
   空の牛乳パックに新聞紙をたくさん詰めて、そこに流し入れ、吸わせればオッケー
揚げ物の回数もかなり増えましたよ!

次に、レンコン。
レンコンって私は、きんぴらにするか、煮物にするかだったんですが、
息子ちゃんは、穴のあいたレンコンさん♪って歌うわりには、食べない。。。
どうしようかな、って考えてたところ、
揚げ物ついでに、レンコンチップスにしてみました。
c0315411_20470972.jpg
レンコンチップス
薄くスライスして、水に少し浸して、揚げる!!!
揚げたては、カリカリで、味、匂いもポテトに似てる!
見事に喜んで食べました。
レンコンは、繊維質が多い根菜。
便秘がちなおこちゃまや、女性にはもってこいですね。
             

にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、ここをクリックお願いします→"おうちごはん”
                   ”暮らしを楽しむ”
            




[PR]
by remedy637 | 2013-12-09 21:14 | ☆Cooking☆

先生に誘っていただき、
昨日、こども料理教室で
アシスタントのお手伝いをしてきました!

小学3〜6年生の男女25人が
2時間で4品作る料理教室です。
c0315411_1422521.jpg


昨日は、クリスマスメニュー
ケークサレ
コーンスープ
ピックサラダ
デコリース
でした。
c0315411_1422774.jpg

c0315411_1422977.jpg

みんな分担して一生懸命やる姿、
指示の出し方、
勉強になることばかり!

楽しかった〜
[PR]
by remedy637 | 2013-12-09 13:57 | ★食育★

はじめまして☆
アクセサリー「Remedy.」デザイナー 
    &
食育インストラクターK-KOです。

Remedy.の生い立ち

普通のOLだった私、K-KOが
息子ちゃん誕生を機に、
「ママだっておしゃれしたい!」
「女性がキラキラする何かを作りたい!」と始めたアクセサリー製作。

息子ちゃんがとある病気で入院中、
出会った本にあった”治療、治療薬、癒し”の意味がある言葉、
「Remedy.」レメディ
この言葉を見た瞬間、ビビビッと!!
アクセサリー製作と通じるものがあり、
Remedy.誕生となりました。

多くの方の癒しや、パワーになるような
アクセサリーを作りたい、そんな思いと見事に
マッチした気がしたのです。

そして、本格的にアクセサリー製作を開始しました。
3年間の製作期間中、
家族の健康、食生活にも気を使うようになり、
この度、食育インストラクターの資格を取得しました!

子供料理教室、男の料理教室のアシスタントをしながら、
日々、勉強中です。
将来的には、料理教室を開く or ママ、こどもに優しいお弁当屋さんを開く
を目指して、がんばります!
その夢への過程も書いていきますので、お楽しみにーーー!!

大好きな料理テーブルセッティング子育てについても
たくさん発信していきます。

c0315411_11394101.jpg



[PR]
by remedy637 | 2013-12-09 11:40 | ブログ説明