今日は、お弁当屋さんを開きたい理由をご説明〜

お弁当屋さんって言っても、いろいろありますよね。
街の便利なお弁当屋さん
昔からやっている地域密着型なお弁当屋さん
企業のお昼ごはんを担当してる仕出し弁当屋さん
おしゃれなデリ型(自分で好きなものを選べる)お弁当屋さん

結婚後、まだ仕事をしていた頃、残業で買い物へ行く時間もなく、
ごはん作る時間がなく、困った〜!!
って時にちょこちょこお弁当屋さんで買ったりしてました。

息子ちゃんが生まれ、なるべく手作りで、とがんばってきましたが、
やっぱりどうしても疲れて家事したくない時は、今も頼ってしまうこともあります。

そして、一番の理由は、安心して子供からお年寄りまで食べられるお弁当が作りたい!
ということです。

私は、息子ちゃんを出産後、3回の妊娠、流産を経験しています。
その3回とも、初期段階での流産だったのですが、
それぞれ1ヶ月間、しっかりつわりがあり、
食欲もないし、ごはんを作りたくない毎日が続きました。

そんな毎日でも、息子ちゃんのために、ごはんは作らなければいけない。
旦那さまだけだったら、最悪、毎日うどん、鍋などとっても簡単なもので
つわり期間だけは我慢していただく、ってことはできるけど、
息子ちゃんには、栄養の偏りは避けたいですし、
やっぱり手作りのものをあげたいと思ってました。
息子ちゃんが2歳〜4歳の間に3回の流産だったのですが、
体調が悪く作れない、だから、お弁当を買う、総菜を買う、っていう状況が続き、
いつも息子ちゃんに対して、申し訳ないなぁ、って思ってました。

そんな時に思いついたのが、
「体に優しい、そして、安心して食べられる」お弁当屋さんがあったら、いいなぁ。
やりたいなぁ。
ってことでした。

大事に育てられた野菜をたっぷり使ったお弁当やお総菜。
働いている女性がダイエット中でも安心して食べられるお弁当。
働いているママさんが安心して子供さんに食べさせられるお弁当。
つわり中のママさんが、お腹の赤ちゃんにも安心して食べられるお弁当やお惣菜。
専業主婦のママさんでも、たまには、お弁当買って家族で食べられるお弁当やお惣菜。
ちょっと太ってきちゃったパパさんが満足できるお弁当。
お年寄り世帯のご家庭でも食べられるお弁当。

こんなお弁当を作る事ができたら、いいな、と思いながら、
この夢にたどり着きました。

外出できない、面倒だなって方の為に、宅配もやりたいな、とか。
最近、いろんなところで、イベントやフェスがありますが、
そこに出店できるように、移動販売車にしようかな、とか。
日々、イメージを膨らませ、ニヤニヤしております。

これからもたくさん勉強していきますので、
お楽しみに〜
c0315411_22434843.jpg




[PR]
by remedy637 | 2014-01-25 22:44 | ブログ説明